大田市1位 五十猛まちづくりセンター

某市議会議員さんに大田市でいちばん汚いと言われた「五十猛まちづくりセンター」
2015_9_22_machi1

2015_9_22_machi2

確かに、言われるとおり、いちばん荒れ放題の「まちづくりセンター」であることは、間違いのない事実。

理由は、いろいろあると思われるのですが、その1つは、前五十猛自治協議会長の時代に、まちづくりセンターのメンテナンス費用を、バッサリカットしたことがあるらしい。
理由は、「まちづくりセンター」は、大田市の施設なので、自治協議会からは、助成金は出さない。ということだったらしい。
同じ時に、「いそたけ保育園」への助成金も、「園児は五十猛の子ばかりではない」という理由で、カットされたので、上記の理由もなるほどとうなずける。

とは、いうものの、ワースト1の称号はあまりありがたいものではないので、ボランティアで、2回の草刈を実施しました。

2015_9_22_machi3
都合、5時間かけて、ここまで草刈ができました。

全部刈り終えるまで、あと2時間。刈った草の処分にどのくらいかかることか。。。
次回の草刈をお手伝いいただけるという方は、是非お声がけください。

五十猛小学校プールの閉鎖について

大田市教育委員会から、広報折込で「五十猛小学校プールの閉鎖について(ご報告)」が全戸配布されました。


平成26年12月18日

五十猛町のみなさま

大田市教育委員会
教育長 大國春雄
(総務課)

五十猛小学校プールの閉鎖について(ご報告)

 寒冷の候、皆様には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素より、大田市教育行政に関しまして、格別のご支援、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、五十猛小学校プールにつきましては、プール本体は昭和43年に竣工、上屋につきましては5年後の昭和48年に竣工し、これまで、五十猛小学校をはじめ、社会体育の面におきましても、多くの皆様に利用いただいておりました。
しかしながら、ご承知のように、プール上屋はここ数年老朽化が著しく、管理上児童等の安全確保の面から、平成26年度において上屋を解体し、その後はプールを閉鎖する考えでございました。
この件に関しまして、本年3月、市議会全員協議会においてご説明したところ、「再検討すべきではないか」との指摘がありました。同様の説明を本年2月以降、順次、五十猛小学校PTA、五十猛町自治協議会、プール利用関係団体に対しまして行い、ご意見をいただく中、上屋解体後、エアドーム(簡易にプールを覆うビニール製のドーム)を設置することにより、引き続きプールを利用することができないか検討を重ねてまいりました。
その結果、改めて下記の理由により、エアドームの設置は困難と判断しましたので、当初の計画どおり、「上屋を今年度中に解体し、プールを閉鎖する」ことといたします。何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。
【理由:エアドーム設置後の維持管理が困難】
1.エアドームは風に弱く、強風の都度、ドームの上げ下げに手間を要する。
2.地元関係者からは、一定の協力はいただけるものの、なお、十分な維持管理の体制が整わない。

【今後の対応】
1.プール上屋の解体は平成27年2月~3月に行います。
2.プール閉鎖に伴い、プール水槽を土で埋めるなどの安全対策を講じます。
3.平成27年度以降、五十猛小学校児童の水泳授業は近隣の小学校プールを利用していただくことになります。
4.新たな「室内温水プール」の整備につきましては、引き続き検討してまいります。

*なお、プールを閉鎖することに関しましては、五十猛町自治協議会、五十猛小学校PTA、プール利用関係団体の皆様へ11月中に報告させていただいておりますことを申し添えます。

五十猛のグロ 再放送のお知らせ

昨年(2013年)2月11日に山陰中央テレビで放送した、ダイドードリンコ 日本の祭り
囲炉裏の温もりが伝える地域の絆 ~大田市・五十猛のグロ~ の再放送が決まりました。

10月25日 12:00~
東京MX (東京メトロポリタンテレビジョン)

11月15日 18:00~
BS12 (BSトゥエルビ)

見逃したみなさん お楽しみください!

神島・神話灯台絶景めぐりのご案内

おおだまるごと「みちくさ日和」 2014秋の体験プログラムとして、「神島・神話灯台絶景めぐり」を開催します。

日本の国造りの祖、スサノオノミコトとその息子イソタケルノミコト上陸の地と言い伝えられる町、五十猛を歩くまち歩きです。
五十猛町の神島、神上、韓神新羅神社などの神話スポットに、日本海の雄大な景色を一望できる大崎ヶ鼻、大岬灯台などの絶景スポットをご案内いたします。

開催日時 11月23日(日) 10:00-11:30
お申込み締め切り 11月22日(土)
参加費 1,100円
募集人員 20名(最少催行人数1名)
集合場所 和田珍味本店 島根県大田市五十猛町1550-1
注意事項 小雨決行することがあります。歩きやすい服装と靴、水筒やペットボトルなど水分を補給できるものを持参してください。

参加申し込みは、みちくさ日和 からお願いします。

安倍内閣の学校再編問題

国が小中学校の統廃合に関する指針を見直し、学校統廃合を積極的に推進する方針を固めたことが、7月末の新聞で報道されました。

NHKでの全国放送もあって、プールの話題を書いてきましたが、本質は、学校の統廃合問題です。
五十猛中学校プールは1/3地元負担で設置され、1年中使えるプールとして、大田市水泳連盟の管理でも使用なプールでした。
大田第二中学校への統合で、五十猛小学校プールとなり大田市水泳連盟との関係も微妙なものになりました。

平成17年からの学校再編の中で、五十猛小学校は、平成28年までに鳥井小学校、静間小学校と統合という方針が示されていましたので、プールはこの統合に付随して処理される運命だったものが、現状で目途が立たないことから学校統合と切り離され単独で示されることになったものだと理解しています。

安倍内閣は、、教育の質を高めるためとして、統廃合を加速させる新たな指針をまとめ、年内にも全国に通知する方針のようです。
政府のねらう新たな指針の内容について、詳細はまだ明らかでありませんが、
学校統廃合により通学距離が遠くなることから、バス通学を想定した基準を設ける、
学校を統廃合する地方自治体に国が財政支援することなどが検討されているようです。

現在の指針では、徒歩通学を前提に、通学距離を、小学校は4キロ、中学校は6キロを上限としています。新「指針」では、学校統合によってスクールバスなど交通機関を利用せざるを得なくなる児童生徒が多数生じることを想定し、、通学時間の上限を30分程度とする方向で調整されているもようです。

それにしても、車で30分もかかって通学する距離が、果たして適正なのでしょうか。子どもたちが歩いて通えないような小学校でいいのでしょうか。

これまでの、小学校学校統合問題の取組を、もう一度まとめて公開しようと準備していたところ
よくわかる 学校再編・統廃合問題 -行政・教育委員会のごまかし-
というページに、みごとにまとめてありました。

大森小学校をはじめ、真剣に将来を考えているみなさんの参考にしていただければと思います。

水泳プールの建設

五十猛中学校三十年の歩み(昭和52年3月31日発行)から転載します。

五十猛町プール建設期成同盟会

昭和41年10月10日公民館において水泳プール建設についての協議
会長 太田宣孝 副会長 大久保博彰 柿田直三郎 林修平

陳情書

要旨
大田市立五十猛中学校に昭和42年度に25メートル、6コースの水泳プールを建設していただきますようお願いいたします。

理由
五十猛中学校は創立以来、水泳を校技とし、生徒の健全育成と体力づくりに顕著な実績をあげるとともに多数の優秀な選手を輩出し、水泳が盛んになったにもかかわらず、五十猛中学校は旧態依然として漁港の一部を練習場に当てておりますが、最近船舶の都合により十分な練習が不可能になり、ために競技成績も悪くなり、水泳に親しむ生徒も減少しております。私ども町民はこのような水泳の沈滞が児童生徒の体育一般に対する士気の喪失を招くことを恐れるものでありまして、五十猛中学校の水泳に往時の栄光を再現させもって児童生徒の体位向上に資したいとかんがえておりました。
あたかも本年は体育の日が制定せられ、去る10月10日本町有志の者が公民館に集まり、本町野梅(中学校地隣接)に現在湧出しておる摂氏29度、湧出量毎時7,200リットル(40石)の温水を利用して温水プールを建設していただくことを市当局にお願いするため五十猛町プール建設期成同盟会を結成いたしました。
この温水プールが完成しますならば水量が豊富なため浄化装置あるいは市水道使用の必要もなく、かつ冬期の使用も可能となりますので極めて特殊なプールが出現することになります。従って本プールはただちに五十猛中学校のみならず、広く市内の各中学校によって利用されることとなり、その利用価値は県水連におかれましても相当期待をかけておられるのであります。
以上の趣旨により本町のみならず、市内児童生徒全体の体位向上のため早急に本温水プールを建設してくださいますよう市会議員林恒孝氏および吉原米治氏を介し陳情いたします。建設に際しましては町民から応分の寄付金を募集し、いささかなりとも市財政の補足にいたしたい所存でおりますので申し添えます。
市当局の方々におかれましては町民の意のあるところをご諒察下され、これが実現につき配慮あらんことをお願いいたします。

昭和41年10月

五十猛町プール建設期成同盟会 会長 太田宣孝
副会長 大久保博彰 柿田直三郎 林修平

紹介議員 林 恒孝 吉原米治

市長 田原孝二老 殿

日本縦断こころ旅

関東五十猛出身者の会「潮の会」松本正治様から下記のメールをいただきました。
五十猛への思いを番組にしてみませんか?
皆様のお力で、情報を拡散していただけませんか?
よろしくお願いします。

——-
NHK BSプレミアム火野正平さんの「こころ旅」が間もなく始まります。
http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/index.html
島根県 お手紙締め切り9月9日(火)
放送日:10月13日(月)~10月17日(金)

生まれ育てられたふるさと五十猛への
こころの旅に関するエピソードをお寄せいただき、
貴方のお手紙とふるさと五十猛が、全国TV放送されることを願っています。

〒150-8001 NHK放送センター「こころ旅」係
(1)住所 (2)お名前 (3)電話番号 (4)性別 (5)年齢
(6)思い出の場所 (7)場所にまつわるエピソード
(8)写真(あればでOK)を明記の上、
上記あて先までお送りください

WEBからの投稿も可能です。
https://www.nhk.or.jp/kokorotabi/otegami/
正平さんが五十猛を目指して自転車を走らせてくれることを夢見ています。

是非とも、貴兄のお力添えで、より多くの方が手紙を出されますよう希望します。
——–

室内温水プール新設の考え

8月6日付 山陰中央新報 こだま欄

大田市教育雪貝会教育長大国晴雄

7月28日付本欄室内プールの早期再建望む」のご意見にお答えいたします。
大田市では現在、市内の学校プールにつきまして、老朽化が進んでいることからその数を減らすとともに、新たに室内温水プールを造り」そのプールを中心に学校体育や健康づくりを含めた水泳教室などを実施したいと考えています。
老朽化の著しい五十猛小学校プールは、室内温水プールとしても長く利用されてきましたが、こうした方針の下、閉鎖することにしたものです。

ご要望の室内温水プールの早期設置については、ご意見中にもありますように、すぐにはできない状況です。
そのため、市では現在、室内温水プール新設までの闇、上屋撤去後の五十猛小学校プール本体は閉鎖せず、引き続き学校の授業やスイミングスクールに利用していただけないか再検討しています。。

2014_08_06_プール回答

5月15日付 三浦 靖議員の関連コメント

3月23日付 三浦 靖議員のブログ