大田市の屋内プール

大田市の屋内プール=五十猛小学校プールです。
昭和42年度(昭和43年2月竣工)に五十猛中学校プールとして五十猛町民の寄付115万円、市費・補助金413万円で設置されました。
昭和47年度(昭和28年3月竣工)に、上屋を設置し屋内プールとなりました。
昭和52年、五十猛中学校の大田第二中学校への統合に伴い、五十猛小学校プールとなり現在に至っています。

源泉は、27.5度の低張性弱アルカリ性低温泉で、浄化槽はをもたない、源泉かけ流しの温水プールです。
競泳用プールの適温は、25度程度とされていますので、水温も適温です。
浄化装置を持っていませんが、循環ではなく源泉かけ流しで、水の入れ替えが行われています。
塩素消毒されるよりは私は良いと思うのですが皆さんの好みは塩素消毒のようです。

私が現役の頃は、教育委員会の指導ということで、大量の塩素(20Lポリタンクを1回7個)を投入し、上屋へ、蒸発した塩素がたまり、教師は目もあけていられない状態になっていたものです。
それをおもしろがって、教師に内緒で、さらに塩素の錠剤を投入し教師をプールから追い出していたものです。
もちろん、塩素の中で泳いでいるのですから、指紋が消えるほど体に影響を受けていましたが、早く泳ぐためには、抵抗が少なくなって良いとされていました。(笑)

さて、本題です。
大田市の水泳界を今後どうするのかという課題です。
設備を整えたいが、資金がない という現状の中で、どうするか?
知恵の出しどころなのですが、意欲も必要です。

基本的には、五十猛町の住民が前を向いてベクトルを合わせることが必要だと思います。
五十猛町の三役と水泳関係者の対話から始めるべきではないでしょうか?

ブックマーク へのパーマリンク.

5 Responses to 大田市の屋内プール

  1. tom 曰く:

    このまま五十猛プールはは大田市の言うままなのでしょうかねぇ。
    プールの維持管理責任はどう考えても大田市にあると思うのですが(違ってる?)、ほとんどメンテナンスされないまま放置されて、危険だから閉鎖しますと云う流れ。
    大田市内のプールを統合して一つにするつもりなら、それが完成するまでは既存のプールは利用可能な状態に維持しておくのが大田市の責任と云うものではないのでしょうか。
    某議員は安価で簡易な屋内プールをと考えておられるようですが、場当たり的な妥協案など利用している子供たちに対して失礼千万な話だと思います。
    大田市の、子どもを健やかに産み育てることができる環境づくりとはこんなものなのでしょうか、また、それをチェックする議員の関心はいかほどのものなのでしょう。

    • admin 曰く:

      歴史は繰り返すといいましょうか。。。。
      プールの生い立ちは、「五十猛町民プール」です。町民の寄付をベースに大田市から補助をいただいたプールです。
      屋内プールとした段階で五十猛中学校プールになったと記憶しています。(間違っていたらご指摘ください。)
      大田2中合併問題で、水泳関係者が五十猛町から追放され、現在に至っています。

      某保育園も似たような話ですよね。
      今から、廃園にする時の計画をしっかりお願いしますね。>各理事さま

    • admin 曰く:

      これからの大田市の水泳界をどうするべきかという話題に移りましょう。

      プールも小学校統合問題に付属していた課題す。
      水泳関係者の間では、さまざまな討議がなされていました。当然某議員さんもその集まりの中にいらっしゃいます。
      少子高齢化社会が到来し、このような現状になるというのは、50年前からわかっていたことですが、右肩上がりの成長が続くという前提のもとにすべてが構築されていますから、容易に集成できないまま今日があります。
      その中で、何を優先するかは、市長の判断です。

      今回の問題は、「五十猛町」から何も提案できていないというところだと思います。
      五十猛町民が危機感を持ってベクトルを合わせられるかどうかを市長も見ていらっしゃるのではないでしょうか?

  2. tom 曰く:

    十数年前から消防団の会合時いつも感じていたのですが、週末五十猛まちセン駐車場はプールで練習する子供たちの送迎のため大盛況。
    これだけ小学校の授業以外に利用しているのに建物は貧そなまま、おいおい大田市、なんとかしてあげれば良いのになぁとずっと感じていました。
    おそらくあの建物は最初の骨組みのまま周りを囲い天井をぶら下げただけの危なっかしい構造だと思われます。
    その辺、もう少しなんとかならなかったのかなぁと感じています。
    うまく運用すれば利用料金もかなり取れる施設になったかもしれないですね。

  3. admin 曰く:

    そうですね。五十猛らしい言えば納得いただけるのかもしれませんが。。。
    二中合併に伴い、五十猛町は、合併反対派を永久追放して決着をつけました。つまり五十猛町の住民で水泳関係の世話人を抹殺した。
    その結果、五十猛小学校プールでありながら、大田市水泳連盟が管理の主体となり、転勤族となった教師とともに管理主体があいまいな状態に追いやられた。
     大田市水泳連盟は、プールの保守を訴えるものの、書類上の管理者は五十猛小学校。授業として水泳を教える間しか管理しませんから大田市側に保守の訴えも上がらない。そしてこの結果です。
     さて、五十猛町のみなさんこの現状をどうします?

コメントを残す